連絡先情報

〒734-8553 広島市南区霞1-2-3   
電話・FAX 082-257-5352  E-mail お問い合わせフォームよりお願いします
研究責任者 広島大学大学院医系科学研究科(保) 教授 梯 正之
研究者   広島大学大学院医系科学研究科(保) 助教 村上真理

データの保護方法

・本研究の協力は専用フォームにより行う。その際にSSLを使用し、個人情報(氏名・卒業年度・臨床経験年数・メールアドレス・臨地実習におけるLDの可能性のある学生への支援経験の有無)の漏洩を防ぐ。メールアドレスは研究者からの連絡に用いる。
・申込過程で得られた個人情報は、研究目的以外には使用せず、研究者以外は見ることができないよう、広島大学大学院医系科学研究科保健学研究棟のパソコンで適切に管理する。個人情報データはサーバーに一時保管されるが、募集受付期間に、研究者がダウンロードし確認し、研究対象者が決定した段階で個人情報データは完全消去する。なりすまし攻撃対策のため、入力工程に「CAPTCHA(画像)認証」を組み込む。
・FGIではID番号を用い、名前を使用しない。依頼書に明記する。
・FGIの録画データは、逐語録の作成時には個人が特定される氏名・施設・地域等は,Aさん,B病院,C地区など匿名化表記する.逐語録内容が正しく反映された後には速やかに録画データを消去する.逐語録は、研究目的以外には使用せず、研究者以外は見ることができないよう、研究室の鍵付き保管庫で保管する。
・オンライン会議システムはMicrosoft Teamsを用いる。その理由は、広島大学構成員が限定的に利用できかつ、学外者をゲスト招聘できること、ネットワーク通信がTLS/MTLS を使用し暗号化され盗聴や攻撃をされないこと、1Teamあたり25TB(テラバイト)の保存領域があることから、セキュリティが強化されているからである。
・データ分析は、外部に非接続のパスワード付きパソコンを用い、セキュリティ機能のあるUSBに保存する。作業は広島大学大学院医系科学研究科保健学研究棟で行う。
・調査結果は、学会や学会誌で公表することを、依頼書(資料3)に明記する。
・研究協力への同意撤回は、インタビュー開始前まではいつでも可能である。その場合は、「同意撤回書」に署名していただく。
・研究結果の公表から5年後に、質問紙回答・FGIの逐語録等はシュレッダーで処分し、デジタルデータは完全消去する。
・データ解析の際には、匿名化後のデータのみを扱うため、個人を特定できる情報は含まない。 本研究の結果はこの研究以外に用いることはない。本調査結果は、専門学会及び学会誌に発表の予定だが、個人が特定される情報が公開されることはない。